ばいあぐらの効果は真実か?効果・使用法について

ばいあぐらの問題を知る

 

ばいあぐらの問題

20世紀に差し掛かると、様々な男性に関する病気が増えてきました。糖尿病、ストレス、勃起不全など男性の体とのつながりについて考えることが多くなってきました。

 

真の男性は常に性欲に満たされていると考えられていました。ばいあぐらが男性の性の達成に役立ち得ることがわかってきたのです。

 

ばいあぐらの発売以降、異性愛が男性性を証明することであると叫ばれています。さらにばいあぐらのような製品が、男女平等へ向けた現行努力を妨げるのではないかと懸念する人もいます。

 

反対に、男らしさの新しい商品化とそれに関連した男らしさをめぐる不安の蔓延を懸念する声もあるようです。

 

しかし、ばいあぐらには潜在的な性機能の解放あるいは矯正効果については証明されています。

 

医療化された男性の体、ばいあぐらと体の関連をまだ解明されてはいないのです。男性自身はこの新しく向けられた医療的関心にどう対応していくのでしょうか?

 

医療者か患者が、不調や修理という言葉を使って渇間のある体の部分、男性につい手の考え方、医療診断に取り組んでいます。

 

自分の体が機会であるかのように想像して、自分の壊れた男性部分を修理する道具としてばいあぐらを使っているのです。

 

その最後にばいあぐらが問題で解決するだけでなく、問題を生み出していることを知るでしょう。